メニュー

施術モニター50名様大募集!「期間限定モニター価格 1㎠1回あたり 7,500円〜」詳しくはこちら!

ピコレーザーの特徴FEATURE

ディスカバリー
ピコプラスの特徴FEATURE

痛みが少ない!

最新型第二世代ピコ秒レーザーである「Discovery Pico PLUS(ディスカバリーピコプラス)」は他のどのメーカーよりも大きいスポットサイズを使用することが出来るため、現存するピコ秒レーザーの2倍~4倍のピークパワーで照射することが可能です。そのため同じフルエンス(単位面積あたりのエネルギー量)におけるレーザー深達度が深く、より効果的で迅速な治療が可能なのです。
従来のQスイッチレーザーと比較すると約10倍ピークパワーが高く、またピコレーザーは性質上熱が発生しにくい為、低フルエンスでも強い衝撃波でタトゥーインクを破壊することができ、なおかつ痛みを格段に軽減させることが可能となりました。

治療回数が少ない!

ピコレーザー=ピコセカンド(1兆分の1秒)で照射できるレーザーのことです。
従来のQスイッチレーザー=ナノセカンド(10億分の1秒)より、パルス幅(照射する時間)が短くなることで一定時間に照射できる回数が増え、全体の治療回数を従来の約1/2に減らすことが可能となりました。

治療期間が短い!

「Discovery Pico PLUS」でのタトゥー・刺青・アートメイク除去治療は、従来使用されていたQスイッチレーザーに比べて、インク粒子の粉砕力がアップしているため、より細かく粉砕することができます。
そのため従来よりも治療回数を減らすことができ、さらにピコレーザーは熱ではなく衝撃波により色素の粒子を粉砕する為、肌へのダメージも少なく、次の照射への休止期間を短くすることができます。
治療回数が減り治療間隔も短くなるため、治療が終了するまでの期間が格段に短くなります。

全色カラー
タトゥーに対応!COLOR


カラータトゥーに強い!

従来のQスイッチレーザー(YAGレーザー、アレキサンドライトレーザー、ルビーレーザー)では、赤や黒の色素には対応しますが、その他の色への対応が難しく、多色のカラータトゥー・刺青の除去は治療困難とされていました。
「Discovery Pico PLUS」は衝撃波による色素の粉砕力が強く、更に532nmと1064nm(Nd:YAGレーザー)、694nm(ルビーレーザー)の3波長レーザーを搭載しているため、全色カラータトゥー・刺青にも対応できるようになりました。
神成美容外科で導入している最新型第2世代ピコレーザー「Discovery Pico PLUS」は、これまで「切除法」や「剥削法(アブレーション)」、「皮膚移植」しか不可能と言われていたカラータトゥーに対応できるため、赤・青・緑・黄色・オレンジ・ピンク・紫・茶色・黒等、全色治療可能です。
兵庫県神戸市では平成29年5月現在、第2世代ピコレーザー取扱いクリニックは神成美容外科のみです。

従来よりも綺麗になる!

色素の粉砕力が強く、多色カラーに対応できる「Discovery Pico PLUS」は色素の取り残しがなく、治療跡もほぼわかりません。
最新型第2世代ピコレーザー「Discovery Pico PLUS」は、3波長のレーザーを搭載しているため、従来のQスイッチレーザーや他社ピコレーザーでは取りきれなかった部分への照射も可能です。特に黒以外のカラータトゥーに関して威力を発揮しますので、他院で治療を受けられたことがある方も是非ご相談ください。

副作用が少ない!

従来のQスイッチレーザーの場合ホワイトニング(白いかさぶた)ができやすく、ムラや色素沈着、水疱、火傷跡が残ってしまうことがありましたが、「Discovery Pico PLUS」のピコレーザーは熱ではなく衝撃波でインク粒子を粉砕する為、周辺組織に与えるダメージが少なく、傷跡が残ることはほとんどありません。

従来のQスイッチレーザー Discovery Pico PLUS(ピコレーザー)
消せない色がある 全色対応可
治療回数 数回~数十回以上かかることもある 従来の1/2回数で消せる
痛み
特徴 インク粒子を熱破壊する為、火傷を起こしやすい
細かい粒子は残存する
インク粒子を衝撃波で粉砕する為、表皮ダメージが少ない
細かい粒子まで粉砕可能

こんな悩みありませんか?TROUBLE

一時的な感情と勢いでつい入れてしまったとういう方も多いタトゥー・刺青

海外旅行先や周囲の影響等、ファッション感覚で気軽にタトゥーを入れる方が増えていますが、タトゥーはメイクと違い「消したい」と思っても簡単に消すことができません。
歳を重ねるにつれ、趣味・思考やライフスタイル、社会的立場等が変化し、タトゥー・刺青が煩わしくなったり、除去を検討される方が多数いらっしゃいます。またご家族の方や未成年の方からのご相談も数多く頂いているのが現状です。

こんなお悩みの方、
是非ご相談ください。
就職活動のためタトゥー・刺青を消したい
業種にもよりますが、就業規則によりタトゥー・刺青を禁止している企業は年々増加しています。
すぐに消せるものではないので、公務員や大企業に就職したいとお考えの方は計画的に治療を開始しましょう。
カラータトゥーをキレイに消したい
今までのレーザー治療では、カラータトゥー・刺青は除去困難とされていました。これまで治療を諦めていた方は是非最新型ピコレーザー「Discovery Pico PLUS(ディスカバリーピコプラス)」で治療を始めてみませんか。
就職先での健康診断がある
普段は衣服で隠れているタトゥーや刺青。年1回の健康診断で周囲にばれてしまうこともあります。また、検査内容にMRIが含まれている場合、インクの成分が検査に影響を及ぼしてしまうため、病院側に拒否されてしまうこともあります。今後の健康管理のためにも治療を開始してみてはいかがでしょうか。
肌に傷跡をできるだけ残さずにタトゥー・刺青を消したい
タトゥー・刺青・アートメイクを消したいと考えていた方も、色によっては治療を断られるケースや手術を勧められるケースも多々あります。
「消したいけど痛いのは嫌。」「手術跡を残したくない。」そんな方には、ディスカバリーピコプラスで痛み・傷跡を抑えた治療がオススメです。
子どもとプールや海、レジャーランドに行きたい
海外ではタトゥー・刺青は当たり前のように認められていますが、日本ではまだまだ理解されにくいのが現状です。プールやレジャー施設では必ずと言って良いほど目にする「タトゥー・刺青お断り!」の看板。お子様とレジャーを楽しむためにも、短期間で治療可能なピコレーザー「ディスカバリーピコプラス」での治療がオススメです。
温泉・銭湯に入りたい
タトゥー・刺青を入れた事で皮膚が弱り、皮膚から細菌感染しやすい状況になると言われています。 温泉・銭湯ではお湯からタトゥー・刺青を入れた方へ細菌感染させないための保護処置としてお断りしているようです。またスーパー銭湯・サウナ・健康ランド等に来る方は、地域が不特定広範囲であり感染拡大にもつながるため「タトゥー・刺青の方お断り」とされているようです。
スポーツジムの入会を断られた
国内の多くのスポーツジムで入会をお断わりしているようです。健康ブームの今、タトゥー・刺青を消してトレーニングを始めてみませんか。
生命保険に加入できない
タトゥー・刺青がある方は、モラルリスク、医学的リスク(B・C型肝炎など病気への感染リスク)の2つの理由で生命保険への加入を断られることがあります。保険会社には社会的に健全な方法で保険料を運用するという決まりがあり、刺青を入れている方に支払うことは健全な支払いとは考えられていないため原則的に加入出来ないようです。後から分かった場合には契約解除、告知義務違反の対象となり、保険金を受け取った後にタトゥー・刺青が入っていたことが分かると、詐欺罪で訴訟される可能性もあるそうです。
結婚式までにタトゥー・刺青を消したい
タトゥー・刺青が入っている事で結婚相手の両親から反対される可能性もあるため、結婚する際に相手のご両親に会う前に除去しておきたい方もいるでしょう。 また結婚式は男性にも女性にも人生最大のイベントと言っても過言ではありません。タトゥーや刺青が見えてしまうとせっかくの晴れ舞台も台無しになってしまいます。従来のQスイッチレーザーよりも短期間で治療可能なピコレーザーでの治療がオススメです。
別れた恋人の名前を消したい
当時お付き合いしていた相手の名前、現在の大切な人に見せたくないですよね。今すぐ治療計画を立てましょう!
他院で治療したけど消えなかった
従来のナノ秒レーザーでは消せない色が沢山あります。最新型ピコレーザー「Discovery Pico PLUS」で他院治療後の薄く残ったタトゥー・刺青・アートメイクを綺麗に除去しましょう。
他院で断られた
タトゥー・刺青の大きさや範囲、色により、治療困難と判断され断られるケースもあるようです。
神成美容外科で導入している最新型第2世代ピコレーザー「Discovery Pico PLUS」は、これまで「切除法」や「剥削法(アブレーション)」、「皮膚移植」しか不可能と言われていたカラータトゥーにも対応でき、赤・青・緑・黄色・オレンジ・ピンク・紫・茶色・黒等、全色治療可能です。今まで他院で「色が入っているから」「切れないから」「範囲が広すぎるから」と治療を断られた方や、傷を付けずにタトゥー・刺青を除去したい方に大変オススメの治療です。
アートメイクを消したい
ブローライン(眉)やアイラインのアートメイクですが、思い通りのラインにならず除去を希望される方や、流行遅れの色やデザインに困り除去を希望される方が増えております。
ご希望に応じて部分的に薄くしたり、除去することも可能ですのでご相談ください。
また、アイラインを除去する場合、眼への影響を心配される方が多数いらっしゃいますが、コンタクトシェルを使用して眼球をしっかり保護して照射しますのでご安心ください。

ディスクライブ PFD パッチDeScribe PFD Patch

ディスクライブ PFD パッチ「ディスクライブ PFD パッチ」は、PFD液(ペルフルオロデカリン)という特殊な液体を使用しており、レーザー照射時に起こる反射を抑えて、ホワイトニング(皮膚表面で発生する気体と蒸気の層)を吸収します。この作用により熱傷や水疱形成、色素沈着や痛みなどを抑えられ、治療後の皮膚をより早く回復させます。
※DeScribe PFDパッチ未使用部位(左側)はホワイトニング反応が強く、皮膚の回復が遅い

使用メリット

治療回数減少!
ディスクライブ PFD パッチ通常レーザーを照射した場合、レーザー光線の一部が皮膚に反射してしまい、タトゥー・刺青・アートメイクのインク粒子に到達しないことがあります。ところが「ディスクライブ PFD パッチ」を使用することでレーザー光線の反射を抑え、タトゥーインクに効率よく照射することが出来るため、治療効率を高めてくれます。
また、レーザー治療はヤケドのリスクがある事から、1回の治療で同部位に1度しか照射できませんが、「ディスクライブ PFD パッチ」を使用することで皮膚の保護性が高まり、1回の治療で2~3度照射が可能となるため、全体の治療回数を減らすことが出来るのです。
肌ダメージ減少!
レーザーを照射すると、通常皮膚の中でガスが発生し、そのガスは照射直後皮膚の表面で白い空砲となり数時間で消えていきます。ところが、「ディスクライブ PFD パッチ」を使用すると、発生したガスを瞬時に吸収するため、肌のダメージを軽減させる事が出来ます。空砲がほとんどできない為、治療後のダウンタイムを短くすることが出来ます。
治療期間短縮!
従来のレーザーと比べて、神成美容外科の「Discovery Pico PLUS(ディスカバリーピコプラス)」は肌の熱損傷が少なく、治療後の皮膚の回復が早いのが特徴ですが、更に「ディスクライブ PFD パッチ」を使用すると、不使用時に比べて短い間隔で再照射することが可能となりました。
パッチ不使用時は治療間隔が約6~8週間、使用時は4~6週間と格段に早めることがでます。

ピコレーザー(レーザー法)以外の
治療方法について

施術モニター50名様大募集!「期間限定モニター価格 1㎠1回あたり 7,500円〜」詳しくはこちら!

早く・キレイに
タトゥー・刺青を消したい方は、
お気軽にご相談ください。

神戸でタトゥー・刺青除去は、 神成美容外科

ご予約・お問い合わせ10:00〜19:00078-242-4380インターネットからも受付中

神戸でタトゥー・刺青除去は、神成美容外科

神戸市中央区雲井通7丁目1-1
ミント神戸13階
JR三ノ宮駅、阪神神戸三宮駅、
ポートライナー三宮駅直結

公式ウェブサイト

ページトップへ